セールスシード株式会社

18/11/01 日経新聞レビュー:サイバー防衛 「敵陣潜入」で 闇サイトで予兆つかみ対策 守りでは限界

企業のサイバー攻撃対策に新たな潮流が生まれている。犯罪者集団が情報をやりとりする闇サイト群「ダークウェブ」に潜入して、人工知能(AI)などで情報を分析し、攻撃の予兆を把握するという手法だ。情報流出などのリスクが高まっており、巧妙になるサイバー攻撃に対して「守り」だけでは限界を迎えている。

18/11/01 日経新聞 朝刊

1983年 WarGames(邦題:ウォー・ゲーム)という映画を映画館で見た。12歳の頃の話だ。「ハッカーの少年が、アメリカ国防省のネットワークに入れてしまい、ゲームで遊んでると思ったら、核戦争がはじまっちゃった。」というストーリーで、パソコン大好き少年だった私は目を輝かせて観たものだ。しかし、当時の率直な感想として、「いやいや、そんな大事なシステムをネットワークにつながないだろ(笑)」であり、実際、一部のシステムを除いてクローズドで何ら問題が生じていなかった。まあ、フィクションで済まされる話だった。

それから、36年が過ぎたが、今やネットにつないでないクローズドシステムに、博物館に展示する以外の意味はない。まあ、日本の銀行みたいに、危険なのでメールは使いませんといった例外もあるが、「ネットを活用しない=1970年代で止まっている。」と世の中に宣言しているようなものだと思う。

1983年のウォー・ゲームは、今や現実となり、某国が国家予算をつぎ込んで編成したハッカー部隊と企業が雇ったセキュリティ企業が、24時間バトルを繰り広げるカオスな現状となっている。そうした戦いを、我々のような一般市民は目にすることはないのだが、こんなニュースを見かけると「ああ、やっとるなぁ」と感じる。しかし、正規の軍隊と異なり、ネット上で毎日「実戦」を繰り返している彼らの戦術は日進月歩であり、「最強の矛」と「最強の盾」の戦いを今後も永遠に続けていかなければならないことが、便利な情報化社会の代償行為なのだ。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top